最近のトラックバック

バイオリン

バイオリンレッスン 2012.7.13

いつものペースでレッスンを受けてますが、、、書くのは久しぶりcoldsweats01


スケール、エチュード、曲、とメニューはいつも通り。


でも、このところずっと、右手も左手も迷走中typhoon






課題を見てもらった後で、訊いてみました。


なこ 「最近、今まで、どうやって持ってたのかなぁ、って思うんです。」

先生 「右手ですか?」

なこ 「右も、左もsweat01

なこ 「左は、前回見ていただいた、ずーっと、がーっと弾いてると痛くなる、っていう(カイザー9番)ので、」

先生 「ぁ、この間やりましたねhappy01

なこ 「右は、弾いてると親指が痛くなってくる、っていう、、、」

先生 「親指のどのへんですか?当たるところ?」

なこ 「いえ、付け根の辺りなんです。」

ここ、ここ、って示しながら。

なこ 「親指の角度が良くないのかな、と思ったり、、、」

先生 「見た感じでは、すごく良いフォームなんですけどねぇ。」

なこ 「ぎゅっと、力が入っている状態で持っているのかも、と思ったり、、、」

先生 「親指に力が入るというよりは、ほかの4本の力で、って感じにするんですよねー。」

先生 「ちょっと、弓をもう一回出してもらってもいいですか?」

既に片付けながらで話していたので、弓だけもう一回持って、

先生 「ここに載せてね、」

先生が持つ鉛筆の上に、弓を載せる。

先生 「小指以外の力を抜いてみてください。」

先生 「うん、じゃぁ、そのまま普通に持ってみてください。」

先生 「うーん、、、」

先生 「ちょっと重さを掛けてみてください。」

先生が持つ鉛筆に、元弓、中弓、先弓を載せて、ぐーっと下へ、

先生 「あー、なるほどねー、ちょっと人差し指に力が傾き過ぎているのかもしれないですねー。」

先生 「今よりもう少し手の甲から重さを掛ける感じにしてみるとどうでしょ?先弓で思ったより力が掛らなかったのも、気になりますね。」



‥というわけで、アドバイスをもらって帰ってきました。


親指に力が入りすぎないように、

重さを掛けるときに手の甲を意識して、


痛みが改善されるか、よく自分を観察しながら練習していこうと思います。



note今日の宿題note

・カールフレッシュ音階練習 d-moll 3度進行
・カイザー 10番
・メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第1番第1楽章

バイオリンレッスン 2012.6.15

‥と、その前に。


6/2(土)は、我が先生のビオラリサイタルshineがありましたhappy01

演奏曲は、3曲(+アンコール)でしたが、どれも聴きごたえのある曲で、楽器がよく歌っていたように感じましたnote

もちろん、先生の歌心あってこそ、なんですけどね。


高音では、バイオリンのような音がするし、低音では、チェロのような音がするし、改めて、先生すごいな~shineと。

ますます、がんばろうと思ったのでしたhappy01






‥なんですが、、、

なんだか、このところ、右手の親指の付け根あたりに違和感を感じていて、ぶつけるとちょっと痛かったりもして、休み休み練習してます。

これは、弓の持ち方がマズイんだと思うんです。

pcで、右手親指付け根が痛い、ということについて何か書かれてないかな、と思って調べてみたら、

弓を持つときの力加減は、鳥のヒナを持つような感じ

‥って、私ぁ、ヒナだなんて、そんなソフトに持ってなかったデスヨshock

ということで、いろいろ持ち方を試行錯誤してるところです。






‥で。

そんなところでレッスンです。





いつものように、3octのスケールから、アルペジオ(g-moll)。

全弓でね、ゆっくり。

音をちゃんと出しつつ、弓を持つ手はソフトに‥




特に問題はなく、音程もいいですねhappy01ってことで、次回は、行きつ戻りつの分散和音。




カイザーは、滑らかに弾くことを習得する曲で、移弦をどれだけスムーズにできるか、ってところがポイントですが、、、

音符は追えてたけどね、移弦をもっと腕からできるようになりましょうhappy01って。

手首先行になってるので、腕先行で。

これは、次回も課題dash




曲は、ドボルザークの4つのロマンティックな小品の4曲目。

前回のぐだぐだ加減(重音が弾けないsweat01)を見かねて、1曲全部ではなくて、超オマケで1/3くらいまでが宿題となっていました。

そして、めでたく(?)クリア~coldsweats01






先生 「で、次の曲なんですけど、発表会に出るなら、時期的に、発表会の曲に入るのがいいかな~と思うんですよね。出ない場合には、何か小品か、とかあるんですけど。」

なこ 「発表会の日が、アンサンブルとオケの本番と日程が近くて、出れるかな~、どーかな~、と思ってるんですsweat01

なこ 「アンサンブルが9/29で、オケが9/30なんですsweat01sweat01

先生 coldsweats01

なこ 「まぁでも、前もって、日程が分かってるので、それに合わせた準備ができて、大丈夫かな、っていう気もするんですけど、、、」

先生 「オケが終わってから、2週間位開きますし、問題ないと思いますよ。でも、本人の気持ち的に余裕がなくなっちゃうようだと、出ない方がいいのかな、と思います。これはもう、その人その人で違うのでhappy01



‥とね、こんなやり取りをして、まだ申込みまでは日があるので、とりあえず、発表会の曲に取り掛かってみることにしましたdash


何弾くか、って?


例のやつnote












去年、やろうかどうしようか、悩んだ末に、見送った曲。








メンデルスゾーン、ピアノトリオ第1番、やっちゃうよ~note





note今日の宿題note

・カールフレッシュ音階教本 d-moll分散和音(レファミソ‥ってやつ)
・カイザー 8番
・メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲第1番

バイオリンレッスン 2012.5.30

ご無沙汰してたバイオリンレッスンのお話ですが、ちゃんとレッスンは続けてました。




で、今は、何をやってるのかというと、


スケールは、カールフレッシュ。

これは、変わらず。


エチュードは、カイザー。

これは、変わってるかな。

クロイツェルは、ちょ~おまけしてもらいながら、とりあえず、終わりました。

やってないのもあるけど、まぁ、いいでしょ、って感じでcoldsweats01

で、訊かれたのですよ。

「次のエチュードは、ローデとカイザー、どっちにしますか?やりたい方でいいですよhappy01」って言われて、少し余裕をもって取り組めて、悪い癖とかを直しながら、ちゃんと曲を消化していけるかな、と思ってカイザーにしました。

「カイザーにする場合は、今度はおまけしませんよ。それと、全部速めのテンポで弾いてもらいますwink

ってね、ほんとに、その通りsweat01

1曲全部弾くし(クロイツェルは1曲全部弾いてないのがほとんどcoldsweats01)、指定されるテンポは速いしsweat01



で、曲は、ドボルザーク、4つのロマンティックな小品、4。

どう弾いたらいいのか分からない、重音が弾けない、全くもう全然だめshock





‥っていうのが、今、いるところ。


そんで、そろそろ、発表会の準備を始めなくちゃな~、って時期らしいです。


とりあえず、次回も同じ曲です。





note今日の宿題note

・カールフレッシュ音階教本 g-moll音階、アルペジオ
・カイザー 8番
・ドボルザーク 4つのロマンティックな小品 4






バイオリンレッスン 2011.12.26

随分長い間書いてませんでした。


‥が、ちゃんとレッスンは行ってますnote






課題は、、、変わってないかもsweat01

なかなか進まずsweat01






スケール、カールフレッシュ。

c-mollの音階を、16分(4こずつ)→5連符→3連符→16分(2こずつ)→16分(1こずつ)。



16分1こになるとぐだぐだで‥sweat01

引き続きがんばりますdash



6度の和音進行、、、


ハッ!すっかり忘れてました!!そんな宿題出てましたっけ!?

‥あっ、先生の書き込みがある!宿題になってたんだ!shock



‥‥

というわけで、次回は忘れないようにcoldsweats01





クロイツェル33番。


はっきり言って、鬼です。

ひたすら3度で動きます。

でも、宿題の最低ラインは2段。

このラインで持っていきました。


苦手なところは決まっててね~、そこをがんばってpaperということで、最低ラインは4段にupshock





ブラームス、スケルツォ。


今回は、とにかくテンポを上げることupが課題sweat01

出だしはなんとか、上がってきたんだけど、、、別のテーマが出てくると遅くなって、で、最初のテーマに戻っても前より遅くて、ずるずるずるずる‥

先生 「大分仕上がってきているところなんだけどね~、テンポがね~、もう一回やりましょ~paper

なこ 「はい!」






と、まぁ、今年のレッスンが終わりました。

次回は、1/13。
6日と迷ったけど‥年末年始、練習がどのくらい進むか。。。coldsweats01




note今日の宿題note

・カール フレッシュ音階教本 c-moll
・クロイツェル 33番
・ブラームス スケルツォ

バイオリンレッスン 2011.9.30

発表会後、最初のレッスンだから、やっぱり最初に発表会の話。




先生 「おつかれさまでした~happy01

なこ 「お世話になりました!ありがとうございました!」

先生 「よかったですよね~shine

なこ 「いやいや、そんなっ‥sweat01

先生 「うちの旦那が、何人かのステージを録画してたんですけど、なこさんのもあったんですけどね、まぁ、身内が出てるからっていうか、、、sweat01で、鑑賞会なんかやっちゃったりしてwink

なこ 「えーっ!」

先生 「ホント、こんなに弾けるようになったんだな~catfaceと。」

なこ 「先生には本当~に“最初っから”見ていただいてますからねぇ。」

先生 「観ながら、『いい曲だよね~note』って話してたんです。」

先生 「『いい曲だね』って思ってもらえるような演奏ができたってことですよwink

先生 「他のパートと合わせよう、とするところは大丈夫なので、なこさんには、もっとソリスティックなところが必要ですね!これからのレッスンでやっていきましょうwink

なこ 「よろしくお願いしますsweat01





‥と、まぁこんな感じ。



それで、レッスンの方はというと。







カールフレッシュはさらっといきながらも、ポイントをピシッと教わり、、、




復活したクロイツェルは17番。




曲は、仲間と練習することになった、シューベルトの弦楽三重奏曲。

ボーイングで結構迷ってたので、そのへんを中心に見てもらいました。






それで‥、


先生 「これからやる曲なんですけど、なにか希望はありますか?」

なこ 「いつでもいいんですけど~、バッハの3楽章が‥」

先生 「あぁ、あれね、やりましょうねhappy01
※「あれ」とは、2つのバイオリンの為の協奏曲です。1,2楽章はやりましたが、3楽章はまだ。

先生 「でも、ちょっと間に挟んでもいいですか?ブラームスのスケルツォをやろうと思うんです!」

先生 「ちょっと今までと違うなこさんが見れるかな~と、期待してるんですwink

なこ 「えっsweat01sweat01(なんか難しそうだなぁ‥)」






‥というわけで、楽譜を買わなきゃいけないし、曲の確認dashと思って、youtubeで見てみたら、、、





shockshockshock




これやるの~~~sign02


先生、、、すごくウキウキしてたなぁ、、、これはみっちりやるだろうなぁ。。。sweat01







note今日の宿題note

・カール フレッシュ 音階教本 D-dur
・クロイツェル 17番
・ブラームス スケルツォ

発表会終了(^-^)

24日、土曜日、バイオリンの発表会でした。



午前中から昼過ぎまでは、ハンドベルの練習、その後、ホールへ向かうという、落ち着かなさsweat01


去年は、午前中にオケの練習に行って、その後、発表会。


この調子だと、来年も‥?sweat01






いつものごとく、両親が見にきてくれて、今年は、友人も数人来ていました。


弦楽アンサンブルでご一緒させてもらっているビオラのおねえさまから譲り受けたクリーム色のドレスワンピを着て、すっかりウキウキ舞い上がり~、、、

でもやっぱり魔物がいるらしい本番の舞台ではあったけどsweat01、集中力を途切れさせないように、流れる音に気を配って弾き切りました。


見にきていた方々(両親も含め)からは、弓を沢山使えていた、とか、右手の動きが滑らかになったね、とか、いいな~と思う音があった、とか、難しい曲だったね~、とか、お話しが聞けてよかったですhappy01




私の反省は、


曲の弾きこみが足りなかったこと。

1stバイオリンを弾く者としてのいろいろな能力が足りないこと。





また心機一転、がんばります~happy01






いただいた花束tulip

造花なんだー、ずっと飾れるーhappy01

‥と思ったら、「キャンディーだよwink」って、、、それは食べないと~coldsweats01

いよいよ明日はボロディン♪

今日は一日ウチでのんびりしました。




朝はゆっくり起きて~、

ぼーっとしながらごはん食べて~、

先日の弦楽アンサンブル練習会の録画を見て~、

いくらか目が覚めて~、

ごはん食べて~、

また録画を見直して~、

紅茶淹れて、お菓子食べて~、





で、発表会の曲(と2曲くらい)をさらっと練習しましたnote

昨日沢山練習したので、今日は流す程度。


明日は、先生方のお力を借りて、楽しく弾けたらいいな~と思いますhappy01

ボロディンの弦楽四重奏曲第2番第1楽章、とってもきれいで大好きな曲ですlovely

台風一過と、追い込み。

昨日の台風、すごかった!typhoon


まぁ、私はヒドくなる前に、帰宅指示が出て、トットと会社をあとにしてたので、ちょっと強い風雨に遭ったりもしたけど、電車はスムーズ、全く問題なく帰れましたhappy01

同じ路線を使っている上司は電車が止まってしまい、大変だったみたいです。



台風一過の今朝はピカッと晴れて、暑くなりそうだなーsweat01と思ってたのですが、昼に外に出たら、やっぱ真夏とは違って、ちょっと空気が軽くて、秋っぽい暑さでした。

このまま秋になるのかなぁ。





で、今日は、午後半休にしていて、始業から3時間で退社scissors

図らずも早帰りとなった昨日に続いて。


そして、なかなか進んでいなかった気になっていたことを。



発表会曲の練習。



土曜日に最後の合わせをやってから、あまり練習できてませんでしたshock

ぁ、昨日は早く帰ってたのにねぇ、、、うっかり昼寝sleepy
今日の半休を当てにして、ガッツリ油断sweat01




そんなワケで、さあっ、やるぞ!rockと、会社を出て、カラオケに籠もって、ひたすら弾くsweat01

発表会の曲をメインに、他にも練習中の楽譜も持ってって、飽きたらこっち、その次はあっち、、、とふらふら弾きまくりました!



うん、まぁ、練習の成果は上がったかな、、、

でも、今日になって、やっぱり‥と運指を変えてみたところがあって、、、

今変えるか!と、自分で自分にツッコミ入れましたが、、、(笑)



明後日までに定着できるか。。。

バイオリンレッスン 2011.9.17

今回も番外編です。



発表会のカルテット合わせ、チェロの先生にも加わっていただいて、4人揃いました。







またしても、ちょっと早く着いて、2ndバイオリンを弾いてくださる先生と音出し~。




苦手な半音階のような音階のようなところを練習してると、


Y先生 「ぁ、この音、ちょっと低いですねhappy01

Y先生 「こうですよ~。」

note

なこ 「そっか~。」

note

Y先生 「そうそう!できたじゃん~happy01




‥なんて、ミニレッスンを受けてましたsweat01

Y先生も褒め上手~shine









さてさて、時間になって、カルテット合わせ開始!




チェロが入ると、また、ぐ~んと曲の良さを感じますheart04

今回は、出だしで落ちることもなかったしhappy01






‥‥。



でも、1箇所(だけか?)チェロと息が合わず、、、wobbly






うーん、、、sweat01sweat01



単純に私がその箇所が苦手なのもあるし、チェロとかみ合うようにするのがちょっと難しそうなところでもあるし、、、






本番まで、この合わせのイメージを忘れないようにして、練習に励みます!sweat01

バイオリンレッスン 2011.9.11

番外編、みたいなもんです。





発表会直前の合わせ練習です。


先日のレッスンは先生ノビオラと合わせましたが、2ndバイオリンをY先生が弾いてくださり、3人での合わせでした。


ちょうど、去年の発表会で弾いたテルツェットのメンバーです。







大分早く教室に着いてしまって、ちょっと先生と雑談note



なこ 「先生のおうちにはネコがいるんですよね!」

先生 「あれっ、なんで知ってるんですか!」

なこ 「先生のブログを読みまして、、、happy01

先生 「あっ、そうなんですかsweat01えっと、その、あんまり書いてなくて、、、

先生 「いやぁ、もぅ、ホントにかわいいんですよ~lovely正直、こんなにはまるとは思ってなかったです。」

なこ 「へぇ~、そうなんですか~。」

先生 「動物を飼うってね、かわいいとは思うけど、でもね、、、って思ってたんですよ。」

なこ 「うんうん。」

先生 「『でもね、、、』の部分がどうしても気になってね。面倒くさいこととかあるんじゃないかな~とか。」

なこ 「うんうん。」

先生 「それがね~、いざ飼ってみると、もう全然!」

先生 「ごはんあげるのも楽しいし、トイレのお掃除するのも楽しいの~note

なこ 「お風呂に入れたりはするんですか?」

先生 「ネコはね、毛づくろいするから、クサくなったりしないんですけど、ウチはシャワーかけてますよ!そのときの様子がまたかわいいんです!lovely(実演!)」

先生 「でも、噛まれたり、ひっかかれたりした傷がね~、」


‥と、ちょっと困り顔で言ってみても、でもやっぱりかわいくてしょうがないみたいですhappy01(笑)






‥あっ、合わせ練習の話をするんでした。



初っ端、またしても、落ちてしまいましたsweat01

ホント、メロディがないと分からないshock



止まってしまったのはその最初の部分だけで、まずは1回通せましたnote



先生お二人が、ガッシリしっかり手を抜かずに弾いてくれるので、肌で感じる音が本当にすごいし、ついついつられて私も思いっきり弾いてしまいました!

中間の高音部分も、2ndが1オクターブ下で同じメロディを弾いてくれるので、私の音程がヨロヨロ定まらないのは変わらないけどsweat01、でも、すごい安心感note



やっぱり、テンポはちょっと気になるな~。

速く弾けたらいいな~と思うけど、、、音が取れなくなるしな~sweat01

動きのある演奏になるように、2/2拍子っていうのを叩き込まないと~sweat01






先生 「なこさんは、オケとかアンサンブルとか、いろいろやってますけど、そういう経験がいい形で身についてると思いますよwink音をよく聞きながら弾いてますしgood次回はチェロも一緒の合わせで、がんばりましょうね~happy01

ということで、第1回合わせは終了~。

より以前の記事一覧

2016年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

なこの心の奥の診断書

無料ブログはココログ