最近のトラックバック

ドイツ暮らし

CIRQUE DU SOLEIL!

5/26(木)、ヘッセン州はお休みでした。
午前中は、だんなさまを引っ張り出して、1時間、テニスを教えてもらいsweat01、午後は、サーカスを観に出掛けましたhappy01



Dsc_0113

CIRQUE DU SOLEILですshine

Eissporthalleの隣、Festplatzにででーんとテントが張られてました。
桜の季節には遊園地が来ていて、ちょうどその時、道を挟んだ向かいの公園に花見に行きたかったのですが、車が停められなくて困ったので、今回は電車で行きました(定期券があるので、週末、休日、夜間は、連れ1人は無料で乗れるしgood)。


サーカスなんて、いつ振りだろう?
一度だけ、観に行ったことがありました。

初めてのCIRQUE DU SOLEIL、期待が高まります~note



Dsc_0114

↑開演前。

水の入ったボウルがあります。
公演は“AMALUNA”。


始まってからの写真は一切ないのですが‥
ロミオとジュリエットのストーリーを全然別の設定で見るような感じで、お話がありつつ、超人的な演技を見せてくれましたshine

そして、生演奏notes
基本的にはステージの後ろで姿がほとんど見えませんが、オープニングやエンディングではギターなどは前に出てくるし、チェロはストーリー中でも見せ場がありました。
私個人的には、ずーっと後ろだったけど、少し横の席だったから見えたドラムの女性がカッコよくてね~lovely


また観れるといいな~happy01

イースター前の、

イースター前の恒例の演目があります。

バッハ作曲のマタイ受難曲。



バイオリンの先生から、
「私が出るんですけど、良かったら聴きにきませんか?チケットは少しお安くなりますhappy01
とご案内いただきまして、日曜日に行ってきました。

教会での演奏でした。

この曲、あんまりよく知らないんだよな~coldsweats01と思ってたら、ホントに聴き覚えがなくて、唯一、最後の曲だけ聴いたことありました。

前半だけで帰ってしまった人もいましたが、最後まで聴いて良かったです。
ドイツ語の歌詞は全然分からなかったのですが、最後の曲で「締め」があるのが分かったような気がします。
最後まで聴かないと、もったいない!



よく知らないなりに、、、

この曲は、教会で聴くのがいいね。
いいホールで、いい音響で聴くのも、もちろんいいだろうけど。
椅子は固くて、お尻が痛かったけども。。。


Dsc_0403
案内のポスター


そうそう、

会場が教会なもんで、先生は柱の陰になってしまって、見えませんでしたcoldsweats01


Alte Operで音楽鑑賞 2015.11

ドイツに来て、既に、何度か行っています、Alte Oper。
今月の鑑賞記録です。



11月5日(木) Mozart Saal(小ホール)

毎回良い演奏ですが、今回は良い演奏プラス、ラッキーでした。

ARMIDA QUARTETTとMANUEL HOFERさん、JULIAN STECKELさんによる、チャイコフスキーの弦楽六重奏「フィレンツェの思い出」をメインに、ブラームスの弦楽四重奏、リヒャルト・シュトラウスのオペラ『カプリッチョ』の前奏曲(弦楽六重奏)。

若い演奏家たちで、勢いがありつつも丁寧さも感じられる、とても良い演奏でした。

そして、アンコール。
ドイツ語でペラペラ~と曲目紹介をされて、聞き取れたのは、「ブラームス」のみ。
アンコールで、ブラームスで、6人で、となったら、もしかしてあれ演る?とちょっと期待していたら、1stビオラが朗々と歌いだし、それは私が好きな曲でしたhappy02

弦楽六重奏曲第1番第2楽章。
楽譜通りのリピートで、大満足のアンコールでしたnotes


11月13日(金) Großer Saal(大ホール)

ドイツに来て、2度目のパリ管弦楽団。
前回はチャイコフスキーの交響曲第5番でしたが、今回は、ベルリオーズの幻想交響曲、サン=サーンスのチェロ協奏曲第1番、ベルリオーズの序曲『海賊』。

チェリストはSOL GABETTAさん。若い美しい女性でした。
無駄のない動きで、効率よく楽器を鳴らす方法を使っている、という印象でした。
本当に楽器が良く鳴っていましたshine

パリ管は、前回、とてもキラキラした音だなぁ‥と思ったのですが、今回はあまりそれは感じませんでした。
席のせいなのか、曲目のせいなのか、分かりませんが。

アンコールは、ソリストアンコールの他に2曲(前回も。いつもそうなのかな?)


11月16日(月) Großer Saal

ベルギー国立管弦楽団による、リムスキー・コルサコフの管弦組曲『シェヘラザード』、ラヴェルのピアノ協奏曲ト長調、FAZIL SAYのピアノ協奏曲第3番『Silence of Anatolia』。

FAZIL SAYさんはピアニストで、ラヴェルを弾いたのもこの方。
自分で作曲した曲を弾くコンサートを聴いたのは初めてでした。

この公演に行ったのは、メインの『シェヘラザード』が目的でしたが、つくづく、数年前、バイオリンで初めてアマオケに入って、まぁ、初めてでよくこの曲を弾いたな、と。

あー、ココ!弾けなかったんだよねーcoldsweats01なんていうところも、今、やったら、もうちょっと弾けるようになっているだろうか?
とか、純粋な鑑賞以外の思考もあったり。

改めて、すごい曲です。

アンコールは、組曲『くるみ割り人形』より「花のワルツ」。
ガッツリいくなー、と思いましたが、聴く方としては、大満足happy01



今月こんなに行ったのはねぇ、10月末のベルリンフィルがSOLD OUT!だったというのもありました(やけくそ?)。

いつか、必ず、ベルリンフィル!

電車は来ません。

ウチから100m位のところに、U-Bahn(地下鉄。ウチの辺りは田舎なんで、地上を走っています^^;)の駅があり、我が家の最寄駅です。

しかし、今日から4日間、この駅に電車がきません。
今までにも何回かありましたが、止まる数日前から駅に黄色い張り紙がされ、電車がどこからどこまで止まって、どこからどこまで走っていて、止まっている区間の他の交通手段はコレです、ということが書いてあります。
その張り紙を最初に見たときも、その後見たときも、「何て書いてあるんだよー!」と焦りました。
やたらと長~い単語があり、解読しづらいのです。


ドイツ語って、複数の単語を繋げて、1つの単語になってしまいます。

「Schienenersatzverkehr」
これ↑、一つの単語。

張り紙の一番最初に書いてあります。
どこかで切れるんだろうなぁ‥とは分かるのですが、繋げられた短い単語の方を知らないとできません。

そこで、前回、張り紙が出されたときに写真を撮り、ドイツ語の先生に見せました。

なこ 「Ich habe fotosweat01

先生 「あ~!『ein foto』ねhappy01

なこ 「あ、『Ich habe ein foto.』sweat01sweat01

サラリと直されましたcoldsweats01
そう、写真は一つでした。
(先生はドイツ人ですが、日本語も堪能で、また日本人相手だからか、よく、ドイツ語で話していても最後に「ね」がつきます)

で、さっきの単語ですが、

Schienen/Ersatz/Verkehr

で、

道筋/代わり/交通

ってとこです。
「Ersatz●●」で「代替●●」を示してくれています。

例えば、続いて、
「Ersatzbus-Verkehr : 」
とあって、コロンの後には代替バスの案内があります。


ほぅほぅ、そういうことか!
いやぁ、先生に訊いてよかった!

そこから派生して、「umsteigen」という単語も教わりました。
「乗り換える」という意味です。
車内アナウンスで流れる乗換案内の例も教えてくれましたが、まだ、実際のアナウンスでは満足に聞き取れませんcoldsweats01
所々は分かるんですけど‥。

そうそう、「umsteigen」の仲間で、「einsteigen」、「aussteigen」という単語もあります。
それぞれ、「乗る」、「降りる」で、これらも乗り物に乗るときには必要な単語。


そうやって見てみると、ドイツ語は日本語と単語の作り方が似ているということに気が付きます。
ズラズラと単語を繋げてしまうところ、「steigen」に何が付くかで意味が変わるところ。
日本語も、いくつも熟語を繋げて長い言葉を作ったり、「乗車」「降車」って、「車」に付く文字によって意味が変わったり。



‥と、まぁ、こんな風にドイツ語を学んでいます。

こっちに来てから、犬をよく見かけます。
あ、野良ではないです。
飼い犬です。


ウチのお隣さん(芝生のお隣さんとは反対側です)の奥さんの妹さんが近くに住んでいて、ウチの前が散歩コースなので、時々すれ違って、挨拶します。

ワンコもおとなしくて、犬に不慣れな私でも、寄っていって触ることができますcoldsweats01


そうそ、こちらでは、犬が一人で歩いてるのか?!と思ったら、ずーっと後ろから飼い主が来たりして、危うく騙されそうになります。

さすがに、滞在が半年になるので、もう騙されませんが、最初に見たときはびっくりしました。

ちょ~~~長いリードだったり、リードなしだったり。

ちゃんと躾がされているから、そういうスタイルで散歩ができるんでしょうね。
あまり吠えたりしないようです。

お行儀がいいので、電車にも普通に乗ってます。



先日、ドイツ語の授業の帰り、電車に乗ったら、1匹のワンコが乗っていました。

そこに、もう1匹、ワンコがやってきて、近くに座りました。

(もちろん、どちらの犬も飼い主と一緒です)

dog 「おっ、かわいい子がいるheart01

(近寄っていって)

dog 「こんにちは!」

dog 「こんにちは。」

dog 「今日はいい天気ですね!」

dog 「えぇ、そうね‥」

dog 「とってもかわいいね!友達になってくれますか?」

dog 「いいわよ。」

dog 「やったー!」

(スリスリ‥)

dog 「お友達になれて嬉しいです~。」

(スリスリ‥)

dog 「名前はなんていうんですか?どこから来たの?好きな食べ物は‥」

(スリスリスリ‥)

dog 「もう、ちょっとしつこいわよannoy

dog 「あぅ、ご、ごめんなさいsweat02

というやりとりが見えました。完全に、私の妄想ですが。

怒られた後dogはショボショボと飼い主の足元に座りこみ、悲しそうに(これも私の妄想)してましたが、前dogが先に降りるときには、双方ともにちょっと名残惜しそうでした。


犬社会にもいろいろあるんじゃないか?と思った出来事でした。

いちご狩り

いちご狩りに行きました。

ドイツでもあるんですね。



が、日本のいちご狩りとは風景が違います。

Dsc_0077

広~いいちご畑があって、野ざらしです。

今日は曇っていましたcloudが、晴れていたら日差しがかなりきついと思われますsweat01


料金システムも違います。

入園料みたいなのはありません。

持ち帰るいちごのみ量り売りです。

その場でいくら食べても構いません。


また、集合時間や、時間制限もありません。

開いてる時間内なら、いつでも行けます。

いちご畑で自由に取りたいだけ取れます。


いちごを入れる入れ物は、自分で持っていきます。

私はボウルにしました。

畑の側に小さな小屋があって、最初に、入れ物の重さを量ってもらいます。

そして、いざ、いちご狩りへ!

既に狩り終えたおっちゃんとすれ違って、「沢山あるよー!」って(多分‥coldsweats01)。

期待!期待!!


Dsc_0078

おー、いちご!


取りたいだけ取ったら、また小屋に行って、重さを量って、精算します。

私は1.12kgで、3.30ユーロ。

Dsc_0081


日本のいちご狩りは千何百円の入園料を取って、持ち帰りは別に購入って‥‥、アホらしくなりますcoldsweats01



家に帰って、また少しつまみましたが、夫婦二人で、かなり食べ甲斐がありそうですhappy01

くつろぎスペース ソファ編・続

家具は一通り揃い、IKEAの毎週末通いも、3月半ばで終わっていました。



が、くつろぎスペースに居心地の悪さがありました。

Dsc_0030_2

まさにくつろごうとゴロンとすると、首がグキッと曲がるcoldsweats02

仰向けでも、横向きでも。

うつ伏せなんてもってのほか!(エビ反り)wobbly



ソファって、やっぱり、アレが必要だよね。

クッション。



‥なので、先週末は久しぶりにIKEAに行きました。


Dsc_0063

おぅ、いい感じhappy01


Dsc_0064

ゴロンとしても、首が痛くなりませんhappy02



座る面積は小さくなりました‥coldsweats01

ゴミ回収

ゴミ回収をめぐっては、いろいろあったのです。



↑Frankfurter Entsorgungs-und Service Gmbh(通称FES)HPより

この中の、茶色と灰色のゴミ箱が我が家にはあります。
黄色と緑は周辺住民共同で大きいやつがあります。

ざっくりと分別方法をまとめると、

茶色‥‥肥料になるゴミ(生ゴミ、草木)
緑色‥‥古紙
黄色‥‥包装、リサイクルマークのついているもの(プラスチック、缶など)
灰色‥‥危険物、ビンなどを除く、上記以外のいろいろなゴミ

ビンと古着は道端に専用のコンテナが置いてあります。


で、我が家にある茶色と灰色のゴミ箱ですが、そのうち、灰色のゴミ箱は回収してほしいアピールが必要なのです(フタに書いてある)。

なので、他の家がそのアピールをしていると、あ、今日はゴミの日なんだな、と。
(収集車が通る道に出しておきます)


茶色はゴミ箱の中を確認してゴミがあれば回収してくれます。

が!

ゴミが少ないと回収しないらしく、引っ越してきた当初、1ヶ月以上も回収されない!coldsweats02という事態がありました。

専用のゴミ袋に入れた生ゴミだったのですが、二人家族でそんなに生ゴミは出ないし、冬真っ只中だから、草木のゴミは出ないし‥で、ゴミが少なかったんです。

そうは言っても、生ゴミだし、早く持って行ってほしい!

「どうしよう~sad

とだんなさまに言ったら、「灰色ゴミと同じように、持ってってアピールだ!」と。

ゴミ箱を道に出しておいたら、ようやく、回収してもらえました(フゥ~)。

それ以降は、いろいろなブログを見たりして、草木ゴミがなくて茶色ゴミの量が少ないようなときは、灰色ゴミで出すことにしました。


さて、生ゴミ問題はなんとかなりましたが、回収日不明、という問題が残りました。

今まで、ずーっと、周りの家を観察したり、収集車の音で判断していたゴミ回収日。

つい、先日も、今日はないと思っていた日に収集車の音がして、慌てましたcoldsweats02

だってさ、出しはぐっちゃうと、大変じゃないですか。
それに、日本より回収頻度が少ないんです。

だんなさま 「よし、僕が調べてあげるよ!happy01

なこ 「よろしく!」

と言っていたのに、

なこ 「ゴミ収集日(の件)は?」

だんなさま 「だって~、ドイツ語分かんないし~coldsweats01

なこ (むぅ~angry

なんてやりとりがありまして、今日、私が調べましたよ。

で、「Frankfurt müll plan」で検索して、さっき写真を拝借したFESのHPでゴミカレンダーを発見!
http://www.fes-frankfurt.de/buerger/service/abfallkalender

住所を入れるとゴミ収集予定表が出てきます。

やったー!happy02
これで慌てることなく、ゴミ出しできる!
よかった、よかったgood



さて、それはそうと。

だんなさまにもドイツ語勉強してもらわなきゃ!

2015.2.15 マインツ日帰り旅行

時期外れの話題になってしまいますが、2月にMainz(マインツ)へ行った話です。


2/15(日)、ちょっと観光でも行ってみようか、と出かけました。

日曜日なんで、何もないかもしれない‥と思ったりしましたが、調べてみると、カーニバルの前日パレードがあるらしい!

Rosenmontag(バラの月曜日、今年は2/16)に行われるMainzのカーニバルは、規模が大きく、有名です。
でも、日曜日も小パレードをやるらしい!



ライン川を渡り、Mainzの中心部に近づくと、ディズニーランドに売ってそうな大きな帽子を被った人がチラホラ。

とりあえず、どこかに車を止めなくちゃ!とウロウロしていると、

「ココ、ココに止められるわよ!急いで!」

と(多分)言って走り去ったご婦人に出会うcoldsweats01

彼女も急いでたし、パレードが始まるのかもsweat01と、こちらも急いで、車をその場所に止めて、パレードが通りそうなところへ向かうと、程なくしてパレードスタート。

Img_0430

Img_0434

鼓笛隊。

Img_0436

馬も来ます。

Img_0442

久しぶりに、ベルリラを見た!

Img_0444

混雑中~coldsweats01

Img_0449

Img_0451

風刺っぽいのも来ます。
いろいろあったけど、誰だか分かったのは、この2つsweat01


パレードは短かったけど、近くで見れて、良かったですhappy01




これだけじゃ、アレなんで、他も見に行きました。

‥の前に、小腹を、、、


お祭りなんで、屋台が出てました。

まぁ、とりあえず、コレ、いっときます。

Img_0455

Currywurst(カリーブルスト)を注文。

ソーセージ長いな~、このままくるのか?!

と思ったら、

Dsc_0015

一口サイズにカットされました。

あったかいカレー味のケチャップみたいな感じかなぁ。

美味しくいただきましたhappy01


小腹チャージしたところで、改めて。

Dsc_0017

St.Stephans-Kirche(ザンクト・シュテファン教会)へ向かいます。
シャガールのステンドグラスがすごいらしい!

Img_0460

おー!

青い!

Img_0463


Img_0465

光を受け、青く輝くパイプオルガン!

いやはや、ホントに真っ青で、現実を忘れるような空間でした。



いいもん見たな~と思って、街に戻ると‥

Img_0470

ハイ、祭り中でした。

Img_0474

Dom(大聖堂)の前もこんなに賑やか。

庭の手入れ

今日は、曇りで日焼けの心配もあまりなさそうだったので、午前中いっぱい庭の手入れをしました。



Dsc_0007

一番奥のモリモリ伸び放題だった蔦を切って、その手前の原っぱ状態の花壇の草取り、蔓バラの実を取って、池の水を入れ替え、

Dsc_0008

3月下旬に大家さん(代理人)がきれいに掃除してくれたテラスの目地に生えてくる草取りをしました。


そうそう、だんなさまが小さいはさみで一番奥の蔦を切っているときに、お隣のご主人が園芸用のデカイはさみを貸してくれました。

助かったね~happy01

と言って、作業を続けていたら、今度は、奥さまが出てきて、脚立を貸してくれました。
上の方が届かなくてねcoldsweats01


右のお隣さんも、左のお隣さんも、とても良い方なのですが、言葉がなかなか通じないのがもどかしいです。

今日なんかも、

「もぅ~、ほんっとに、助かりました!太めの枝もバシバシ切れたし、届かないなぁ、と思っていたところも切れました!どうもありがとうございます!」

という気持ちですが、

「Danke schön!(ありがとう!)」

しか言えなくて‥sweat01

私のドイツ語ではまだまだだなぁ‥

そのうち、チャンスがあったら、お隣さんの芝がすごくキレイなので、お手入れ方法をきいてみたいという野望があります(笑)




そして、ウチの庭、暖かく、日差しも強くなってきて、花がチラホラ咲いてきています。

Dsc_0005

チューリップ。

いつ、誰が植えたものなのか‥



Dsc_0006

芝桜。



Dsc_0004

これは雑草くさいけど‥かわいいから許す(笑)

来年は花壇に花でも植えようかと思っています。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

なこの心の奥の診断書

無料ブログはココログ