最近のトラックバック

« バイオリンレッスン 2018.2.7 | トップページ | 粉の配合を変えて »

パンを焼く

ドイツに来て3年が過ぎましたが、まだ、パンを焼いていませんでした。

粉がね~、日本と違うし~、ドイツの粉の分類は、タンパク質の量に依らないっていうし~。
で、手つかずでした。

放ったらかしでいたところ、ちょうど私と同じころにドイツに渡ってきて、それも駐在妻という似た境遇の方のブログを見つけまして、ドイツでのパン作りについて書かれた記事を読み、

あら、できそうhappy01

と思ったので、焼いてみました。


今まで使ったことのなかった、生イースト(Hefe)を使い、イーストの量、予備発酵など、「とりあえず、やってみる!」で挑戦。


生イーストの生地が、最初から捏ねやすい。

ドライイーストはガチガチの捏ね始めなのが、生イーストは最初から手触りがふんわり。
予備発酵の力、さすがです。

そして、
Img_20180215_101814
一次発酵開始。

成型完了、二次発酵完了、さぁ、オーブンへ。

が、ドイツに持ってきてるはずの、クープナイフが見つからず、戸棚や引き出しを探しまくりましたが、結局見つからず、包丁も食洗機の中!wobblyというピンチ!

これでいくしか…

食事用のナイフ。それも、IKEAの。切れ味大丈夫か?

結果は、まぁまぁいけました。

Img_20180215_122153
焼いてます。

ナイフを探していた間に、過発酵coldsweats01
ちょっとダレた出来上がりですが、なんとか焼けました。

Img_20180215_125519

イーストが、同じ量をまだ3回作れるくらいあるので、せっせと作らねば。

« バイオリンレッスン 2018.2.7 | トップページ | 粉の配合を変えて »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

ドイツ暮らし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184884/66398956

この記事へのトラックバック一覧です: パンを焼く:

« バイオリンレッスン 2018.2.7 | トップページ | 粉の配合を変えて »

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

なこの心の奥の診断書

無料ブログはココログ