最近のトラックバック

« 犬 | トップページ | Alte Operで音楽鑑賞 2015.11 »

電車は来ません。

ウチから100m位のところに、U-Bahn(地下鉄。ウチの辺りは田舎なんで、地上を走っています^^;)の駅があり、我が家の最寄駅です。

しかし、今日から4日間、この駅に電車がきません。
今までにも何回かありましたが、止まる数日前から駅に黄色い張り紙がされ、電車がどこからどこまで止まって、どこからどこまで走っていて、止まっている区間の他の交通手段はコレです、ということが書いてあります。
その張り紙を最初に見たときも、その後見たときも、「何て書いてあるんだよー!」と焦りました。
やたらと長~い単語があり、解読しづらいのです。


ドイツ語って、複数の単語を繋げて、1つの単語になってしまいます。

「Schienenersatzverkehr」
これ↑、一つの単語。

張り紙の一番最初に書いてあります。
どこかで切れるんだろうなぁ‥とは分かるのですが、繋げられた短い単語の方を知らないとできません。

そこで、前回、張り紙が出されたときに写真を撮り、ドイツ語の先生に見せました。

なこ 「Ich habe fotosweat01

先生 「あ~!『ein foto』ねhappy01

なこ 「あ、『Ich habe ein foto.』sweat01sweat01

サラリと直されましたcoldsweats01
そう、写真は一つでした。
(先生はドイツ人ですが、日本語も堪能で、また日本人相手だからか、よく、ドイツ語で話していても最後に「ね」がつきます)

で、さっきの単語ですが、

Schienen/Ersatz/Verkehr

で、

道筋/代わり/交通

ってとこです。
「Ersatz●●」で「代替●●」を示してくれています。

例えば、続いて、
「Ersatzbus-Verkehr : 」
とあって、コロンの後には代替バスの案内があります。


ほぅほぅ、そういうことか!
いやぁ、先生に訊いてよかった!

そこから派生して、「umsteigen」という単語も教わりました。
「乗り換える」という意味です。
車内アナウンスで流れる乗換案内の例も教えてくれましたが、まだ、実際のアナウンスでは満足に聞き取れませんcoldsweats01
所々は分かるんですけど‥。

そうそう、「umsteigen」の仲間で、「einsteigen」、「aussteigen」という単語もあります。
それぞれ、「乗る」、「降りる」で、これらも乗り物に乗るときには必要な単語。


そうやって見てみると、ドイツ語は日本語と単語の作り方が似ているということに気が付きます。
ズラズラと単語を繋げてしまうところ、「steigen」に何が付くかで意味が変わるところ。
日本語も、いくつも熟語を繋げて長い言葉を作ったり、「乗車」「降車」って、「車」に付く文字によって意味が変わったり。



‥と、まぁ、こんな風にドイツ語を学んでいます。

« 犬 | トップページ | Alte Operで音楽鑑賞 2015.11 »

ドイツ暮らし」カテゴリの記事

学問・資格」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184884/62212176

この記事へのトラックバック一覧です: 電車は来ません。:

« 犬 | トップページ | Alte Operで音楽鑑賞 2015.11 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

なこの心の奥の診断書

無料ブログはココログ