最近のトラックバック

« スヌーハンドベル 2007.9.1 | トップページ | 天国から??? »

叔父さん熱唱、そして・・・。

昨日、今日の晩ご飯は、蓬莱のしゅうまい~*^o^*。

ごちそうさまでした~。
おいしかったぁ♪

しゅうまいは、先日の日曜日、大阪で買ったものです。
豚まんも一緒にちゃんと買ってます( ̄^ ̄)=3。
明日の晩ご飯は豚まんです~。




そもそも、大阪へは何故行ったのか。


母方の叔父さんが、演奏会を開催したから、なんです。


泊まりで行きたかったところですが、土曜日はハンドベルの練習があり、月曜日は仕事があり、日帰りでした^^;。
070902_11290001_2










(一応、新幹線が到着したときに撮ってみました)


第1部は、シューマンの歌曲集から11曲
第2部は、叔父さんのクラリネット、叔母さん(叔父さんの奥さん)のビオラ、ピアノ(伴奏の先生)でシューマンのトリオ
第3部は、フォスター、ウエストサイド物語から
第4部は、シューマン「4つのデュエット」


前回は、シューベルトがメインで、今回は、シューマンをメインにした構成でした。



休憩、アンコールを入れて、2時間半。

叔父さんは、ギターと鍵盤ハーモニカのアンサンブル(第3部にありました)の間でいくらか降りていたほかは出ずっぱりの大活躍!

声も全く枯れず、最初から最後まで美声で歌いきりました。



第2部のアンサンブルでは、夫婦で演奏していて、「いいなぁ、いいなぁっ」と、羨ましくも思いました。

「夫婦で合奏」というのが、一番羨ましいポイントではあったのですが、夫婦に限らず、誰かと合わせて音楽を作るというのは楽しいです。

自分一人では出せない音の厚みや、音が重なることで生まれるハーモニーは、誰かと合わせることで初めて得られるものです。





今回、叔父さんの演奏会を聴いて、私自身を振り返ってみると、テクニックの問題はさておき、「聴かせる演奏」というのが私にはできてないなぁ、と思いました。

演奏することを演奏者自身が楽しんでいるということ、その曲の素晴らしいところを聴衆に伝えたいという気持ち、そういったものを音楽に乗せるということが私の演奏には足りないです。

今月のハンドベルのステージでは、そういう部分を少しでも出していけたらいいな、と思います^^。

« スヌーハンドベル 2007.9.1 | トップページ | 天国から??? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おじ様・・と、おば様、凄いですね!
楽器も扱い合唱もできるなんて。
人様に聞いてもらうって凄いですよね。
きっと、上手なんですね~。
夫婦でって憧れちゃいますね。
私も結婚したら、夫婦で一緒に何かをやれるそんな人をパートナーにしたいなぁ。
大阪のシュウマイと豚饅頭?おいしそう。。大阪、日帰りでも良いから行ってみたいです。。

音楽に限らず、夫婦で何かできるっていいですよね。
私もパートナー探しがんばらなくちゃあ!

大阪は、何となく「パワフルな街」って感じがします。
是非行ってみてください^^。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/184884/16343764

この記事へのトラックバック一覧です: 叔父さん熱唱、そして・・・。:

« スヌーハンドベル 2007.9.1 | トップページ | 天国から??? »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

なこの心の奥の診断書

無料ブログはココログ